フィナステリド使用中の子作りは危険?!

フィナステリドはプロペシアに含まれる成分で様々な副作用や注意事項があります。ネットなどで「服用中の子作りは危険」というのを見かけますが、妊娠の際にどのような影響があるのでしょうか?

フィナステリド服用時は精液中にも成分が含まれている

薄毛や抜け毛は老若男女問わず発生するものです。
その中でも、成人以降の男性に発症することが多いのがAGAと略されることも多い男性型脱毛症です。
これは、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に、男性ホルモンが入ることから発生します。
ちなみにこの受容体の有無、感受性によって異なります。
そのため、同じ男性でもこれを原因とするAGAが発症しない人もいます。
受容体と男性ホルモンが結びつくと、そこで特定の酵素が生まれ、その作用を受けてしまうと男性ホルモンは発毛を阻害する物質へと変換されてしまいます。
それが、AGA発症のメカニズムであり原因のひとつです。
この際に使用されるのがフィナステリドを含んだ治療薬です。
フィナステリドには男性ホルモンの分泌や、それを発毛阻害物質に変換してしまう特定酵素を抑制する作用があります。
ですから、これらが原因の場合のAGAの治療には、服用し続けることで高い効果を期待することができるとされています。
ただしフィナステリドを含む治療薬の服用には注意点もあります。
それはフィナステリドの作用は、女性の体にとっては様々な面で影響が大きすぎると言う点です。
そのため、女性に対してのフィナステリドを含む治療薬の使用は、原則、認められていません。
特に妊娠を目指す女性や、妊娠中の女性は、フィナステリドを含む治療薬の欠片に触ることすら禁じられています。
中でも胎児が男児であった場合、フィナステリドの成分に少しでも触れることによって、男児の性器形成に甚大な影響が及ぶ可能性も否定できないと言われています。
フィナステリドを服用している最中、その成分は僅かながら精液にも含まれます。
ですから、妊娠を目指しているパートナーと性交渉をすると言う男性は、治療薬の服用に関しては慎重になる必要があります。

女性はフィナステリド配合薬に絶対に触れてはいけない

男性特有の脱毛症、男性型脱毛症の治療薬に含まれている主成分がフィナステリドです。
男性型脱毛症の原因のひとつに働きかける力が強いため、服用し続けることで症状の緩和、改善を見込むことができます。
男性型脱毛症の原因のひとつとは、男性ホルモンと、それを発毛阻害物質に変換してしまう特定酵素の存在です。
ですから、女性の薄毛や脱毛の治療、改善に際してフィナステリドが使用されると言うことは絶対にありません。
それどころか、女性はフィナステリドを含む薬に触れることすら禁じられています。
男性ホルモンは、女性の体内にも僅かな量ながら分泌されています。
しかしそれ以上に多くの量の女性ホルモンが分泌されているため、男性ホルモンの影響はほとんど体には出てこないのです。
けれどここでフィナステリドを摂取した場合、当然、その作用によって男性ホルモンの分泌量は低下します。
するとそれにつられるようにして女性ホルモンの分泌バランスまでもが崩れてしまい、体にあらゆる影響が出てくる可能性があります。
それは女性の心身の健康を大きく崩す恐れもあるため、女性はフィナステリドに触れてはいけないとされているのです。
特に妊娠を目指している女性や、妊娠中の女性は、フィナステリドを含んだ錠剤薬の欠片にすら触れてはいけないとされています。
これは胎児が男児であった場合は、その性器形成に影響が及ぶ可能性があるため、そして女児であった場合にも、やはり予期せぬ影響があらわれる可能性が否定できないためです。
しかし、こうしたことに関しては女性自身が気をつけているだけでは不十分と言えます。
フィナステリドを含んだ治療薬を服用している男性に関しては、その成分が僅かながら精液にも含まれることは否定できません。
すると、妊娠を目指しているパートナーの女性の体に、あるいは妊娠した胎児に予期せぬ影響を及ぼしてしまうことも考えられます。
ですから、男性の配慮も重要です。

フィナステリドの様々な副作用

AGAと呼ばれる薄毛については、最近では治療を受けることが可能になってきています。
ですから、薄毛だからといって、あきらめる必要はないということになります。
なぜ、このような治療を行うことができるようになったというと、AGAに効果的な薬が開発されたということが大きいといえます。
AGAに効果的な主な成分はフィナステリドと呼ばれ、AGA治療薬に配合されている成分です。
このフィナステリドを服用することによって、成長が止まっていた毛髪に栄養をいきわたらせて、再び毛髪を成長させることができるようになります。
効果については、実際に服用した人の半数以上の人が何らかの効果があったという統計がありますから、薄毛の改善の効果を十分期待することができます。
しかし、フィナステリドという成分を服用すると、たまに副作用も出るリスクがありますから、注意が必要になってきます。
フィナステリドを服用した際に、出現する可能性があるといわれている副作用としては、精子の減少、性欲の減退、肝機能の異常などを挙げることができます。
まず、精子の減少と性欲の減退については、フィナステリドが男性ホルモンの一種である酵素の働きを抑制するという点で、このような副作用が起きるといわれています。
しかし、性欲の減退や精子の減少が必ずしもフィナステリドの副作用であるとは限りませんから、薬を服用してから出現した副作用なのかどうかをしっかりと見極める必要があります。
次に、肝機能の異常については、これはフィナステリドとは限らずに、薬を長期的に服用することになれば、どのような薬であっても肝臓に負担がかかり、肝機能に異常が出る場合があります。
肝機能については、健康診断などで数値として表れますから、異常値が出た場合は服用を見直す必要があります。