フィナステリドはプロペシアに含まれる成分で様々な副作用や注意事項があります。ネットなどで「服用中の子作りは危険」というのを見かけますが、妊娠の際にどのような影響があるのでしょうか?

男性ホルモン原因の薄毛はフィナステリドで

白髪染めをした事で、髪が薄くなったように感じるという方も、少なくないのではないでしょうか。
1本・2本程度の白髪は気にはなりませんが、まとまって白髪になってしまうと、やはり気になるものです。
白髪染めで白髪を黒く染める事で、白髪が気にならなくなりますし、見た目も若々しくなります。

しかし、頻繁に白髪染めをしていると、頭皮や髪を傷める事となり、薄毛になってしまうケースも少なくありません。
白髪染めなどのカラーリングで薄毛になった場合、頭皮全体の髪が細くなる点が特徴です。

ですが、薄毛の中には頭皮の局所的にしか、髪が抜けないという症状もあります。
生え際や頭頂部といった部分のみ、薄毛が進行するという場合白髪染めによる影響ではなく、AGAによって脱毛している可能性が大です。

AGAとは男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が、毛根部分にある毛乳頭という組織の働きを、低下させる事で起こる脱毛症です。
毛乳頭では髪を育てる為に、細胞が盛んに分裂しているのですが、AGAになるとこの作用が弱まる為、薄毛が進行してしまいます。
男性ホルモンが原因で起こる薄毛ですので、体の中から対処するしか改善方法はありません。

クリニックではAGA治療として、「フィナステリド」という内服薬を処方しています。
フィナステリドはジヒドロテストステロンの生成自体を、抑える効果を持っています。
直接、男性ホルモンに作用する為、AGAの改善にフィナステリドは高い効果を発揮するのです。

毎日1錠のフィナステリドを飲み続けて、半年程度で発毛効果を実感するケースが多いと言われています。
生え際、頭頂部という一部分の薄毛が気になる方は、フィナステリドで治療を始めてみましょう。