フィナステリドはプロペシアに含まれる成分で様々な副作用や注意事項があります。ネットなどで「服用中の子作りは危険」というのを見かけますが、妊娠の際にどのような影響があるのでしょうか?

バリカンで剃らずに薄毛はフィナステリド治療で改善可

髪型カバーしきれないくらい、薄毛が進行してしまい思い切ってバリカンで、一気に坊主にしてしまう男性も少なくありません。
ずっと薄毛に悩んでいるよりも、いっそ坊主にしてしまおうと、バリカンを手に取ってしまうケースもありますが、ちょっと待ってください。
バリカンで坊主にしなくても、治療を受ける事によって元の、フサフサとした髪に戻れるかもしれません。

薄毛が引き起こされる原因は様々です。
その中でも特に男性に起こりやすいと言われているのが、AGA「男性型脱毛症」です。
AGAは男性ホルモンのテストステロンが、ジヒドロテストステロンへと変化する事で起こります。
ジヒドロテストステロンが、毛根部分にある毛乳頭の受容体と結合してしまうと、ヘアサイクルが乱れてしまい薄毛が進行するのです。
男性ホルモンが要因となって起こる脱毛症ですので、解消するにはジヒドロテストステロンの生成を抑制する必要があります。

クリニックで受けられるAGA治療として、最も基本となるのが「フィナステリド」という内服薬です。
フィナステリドはテストステロンをジヒドロテストステロンへと変えてしまう、5αリアクターゼという酵素の働きを抑えます。
ジヒドロステロン自体が少なくなるので、薄毛の進行をストップする事ができるのです。

1日1錠を服用するだけなので、負担の少ない治療法と言えます。
個人差はあるものの、半年程度フィナステリドの服用を続ければ、徐々にヘアサイクルが改善し発毛効果を実感できるでしょう。

フィナステリドによる治療で、多くの男性が薄毛を解消しています。
バリカンで坊主にする前に、まずは皮膚科やメンズクリニック、スキンクリニックを受診して薄毛の原因を、調べる事から治療を始めてみる事をお勧めします。